民進党の前原誠司代表は10月の衆院選に関し、党所属の衆院議員らを新党「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事)から立候補を促す方針を固めた。民進党からの公認候補は認めず、現在の公認は取り消す。前原氏は無所属で出馬する意向だ。複数の関係者が27日、明らかにした。

 民進党徳島県連代表を務める仁木氏は27日、徳島新聞の取材に対し、希望の党からの出馬について「可能性はある」と述べ、検討していることを明らかにした。

 仁木氏は「100%決まった話ではない。両党の連携の度合いがまだ不明確なので状況を見守りたい」とし、1週間以内に決断する考えを示した。

 その上で、民進党と希望の党との合流に関し「ありだと思う。2大政党制に近づき、成熟した民主主義につながる。時の政権に問題があり、何が何でも政権交代を実現したい時に野党が連携するのは当然で、野合ではない」と理解を示した。