トルコの探査船=2018年10月、イスタンブール(ロイター=共同)

 【イスタンブール共同】トルコが東地中海で再開した海底資源探査を巡り、ギリシャと対立が激化している。現場は両国がともに自国の大陸棚として海洋権益を主張する海域で、双方の海軍が展開する事態に発展。対話を重視する姿勢は示されているが、緊張が高まりつつある。

 トルコは10日、トルコ南方海域で探査船の活動を再開し、チャブシオール外相が11日、探査の許可範囲を今月中にギリシャのクレタ島やロードス島に近接する海域まで拡大すると表明した。探査船には海軍の艦船が護衛に就き、アカル国防相は「トルコの権利と国益を守るため、あらゆる対策を取る」と強調した。