衆院が解散された28日、徳島県関係の自民党の前職3人は、民進党の新党「希望の党」への合流という野党再編の動きを警戒しながら「さあ短期決戦だ」と決意を口にした。

 1区の後藤田正純氏は「今までの成果に評価をいただき、必ず勝ち抜く」と強調。民進党候補が希望の党から出馬する可能性に触れ「都知事が党首を務める党との戦いはまさに『vs東京』が争点となる」。地方創生を掲げ、自公が連携して対抗する考えを示した。

 「身の引き締まる思い」と話す2区の山口俊一氏は、野党再編の動きについて驚きを隠さず「考え方の違う党が一緒になって何ができるというのか。誰が相手でも粛々と政策の中身で勝負する」と力を込めた。

 比例四国の福山守氏は名簿登載順位がまだ決まっていない。「少子高齢化という地方最大の課題の解消に向けた政策を丁寧に訴え、自民党の存在感を示したい」と表情を引き締めた。