愛知県のウェブサイトに新型コロナウイルス感染者490人分の個人情報を一時誤って掲載した問題で、県は13日、損害賠償金の受け取りを承諾した23人に計88万円を支払うと発表した。大村秀章知事が同日、専決処分した。氏名が載った21人に1人当たり4万円、載らなかった2人には同2万円を支払う。

 県は5月末からおわびの文書と賠償に関する承諾書を送付。今回の23人の他に、既に395人から承諾を得て、賠償を決めている。

 賠償金額や県の姿勢に納得がいかないなどの理由で未承諾となっている72人とは、引き続き話し合いを進める。