阿南市公式ラインの画面

 徳島県阿南市内で新型コロナウイルスの感染者が相次いで確認されたのに伴い、市が無料通信アプリLINE(ライン)に開設した公式アカウントの登録者が急増している。市は、コロナの情報に対する関心の高さの表れとみている。

 市内で初めて感染者が確認された1日、登録者は前日の1565人から146人増えて1711人になった。その後も1日当たり43人、77人、75人と増え、市内の通所介護施設でクラスター(感染者集団)の発生が判明した5日は136人の登録があった。12日時点では2240人となっている。

 公式アカウントは5月25日に設けた。イベント中止、市道の通行止め、審議会委員の募集といった市民や市政に関する情報を1日2回ほど投稿している。市内で感染者が確認されてからは、県の発表を基に感染者の症状や行動歴を伝えている。