公開オーディションに臨む浦西さん(右から2人目)と、(左から)大谷さん、長尾さん=三好市池田町の池田総合体育館

 吉本新喜劇のメンバーや漫才コンビ「ザ・ぼんち」が出演するお笑い公演「宝くじふるさとワクワク劇場」(三好市、自治総合センター主催)が10月22日、三好市池田町マチの池田総合体育館で開かれる。公開オーディションで選ばれた地元の女性3人も出演し、笑いを巻き起こす。

 出演するのは▽大谷恵子さん(65)=東みよし町昼間、ケアマネジャー▽浦西真由子さん(51)=同市池田町ウエノ、コールセンターオペレーター▽長尾蘭子さん(47)=同市三野町芝生、事務員。24日に同体育館で行われたオーディションで選ばれた。

 公演は3部構成で、3人は第3部の「ほのぼのコメディ劇場」に登場。チャーリー浜さんや吉本新喜劇のメンバーと共演する。

 第1部にはザ・ぼんちの他、漫才コンビ「西川のりお・上方よしお」、桂小枝さん、タージンさんが出演。第2部は同市三野町で毎年開かれている「三好長慶武者行列まつり」の実行委員らによるステージがある。

 テレビドラマの出演経験もある大谷さんは「新喜劇が大好きでいつか出てみたいと思っていたので、長年の夢がかない、うれしい」と喜ぶ。当日に台本を渡され、2度のリハーサルを経て本番に臨む。

 「ワクワク劇場」は、センターが宝くじの社会貢献広報事業の一環として毎年全国で開いている。センターが芸人の出演料など、市が音響設備費などを負担する。

 午後2時開演。前売り2千円、当日2500円。3歳未満無料。定員約700人。問い合わせは市地方創生推進課<電0883(72)7607>。