【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズは13日、今年の死者数が例年をどれだけ上回っているか調べる「超過死者数」の分析を基に、新型コロナウイルス感染による米国の実際の死者数は20万人を超え、公式集計を大幅に上回っている可能性があると報じた。

 米国で流行が始まったとされる今年3月1日から7月25日までのデータを同紙が調査したところ、超過死者数は全米で約22万人に上った。米疾病対策センター(CDC)の公式集計では、感染死者はこれまでの累計で約16万5千人となっており、未集計の死者が多数存在するとみられている。