アルバルク東京の田中大貴、小島元基、津山尚大

 バスケットボール男子Bリーグのアルバルク東京は14日、日本代表でも主力の田中大貴(28)ら3選手が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示したと発表した。発熱などの症状はなく、13日から自宅待機となった。クラブは保健所と共に濃厚接触者の特定を進めている。

 他に陽性だったのは小島元基(26)と津山尚大(24)。クラブによると、選手やスタッフ全員を対象に11日に実施したPCR検査で3人が再検査となり、13日夕に陽性と判定された。チームも14日から活動を休止した。