「水銀に関する水俣条約」の発効から3年を迎えるのを前に、水俣病被害者や支援者でつくる「水俣条約推進ネットワーク」が14日、熊本県水俣市で記者会見し、被害の深刻さや水銀規制を世界に訴えるメッセージ動画を公開した。胎児性患者の松永幸一郎さん(57)は「水俣の悲劇を皆さんの国で繰り返さないで」と呼び掛けた。

 約5分間の動画には、いずれも締約国会議でのスピーチ経験がある松永さんと、胎児性患者坂本しのぶさん(64)が登場。坂本さんは「水俣病は絶対に治りません。水銀のことをきちんとしてください」と訴えた。