終戦の日を前に、千鳥ケ淵戦没者墓苑で献花する女性=14日午後、東京都千代田区

 終戦から75年を迎える15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で行われる。天皇、皇后両陛下、安倍晋三首相や戦没者遺族も参列し、先の大戦で犠牲となった約310万人の戦没者を悼む。

 厚生労働省によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、20府県の遺族が欠席する。昨年約6200人だった参列者は、過去最少の約530人となる見込み。

 会場では感染防止対策を徹底しており、参列者にマスクの着用や手指消毒を要請。座席間隔を確保し、国歌斉唱は行わず、奏楽のみとなる。動画投稿サイト「ユーチューブ」の同省公式チャンネルを通じてインターネット中継を行う。