【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落して始まり、午前10時現在は前日比74・61ドル安の2万7822・11ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は10・02ポイント高の1万1052・52。

 7月の米小売売上高は3カ月連続で前月比プラスとなったものの、増加率が前月から大幅に低下。新型コロナウイルスの感染拡大で停滞した米景気の回復ペースが鈍化することへの懸念から、売りが先行した。