相手打線を7回無失点に抑えた徳島の松本=レクザムスタジアム

 四国アイランドリーグplus(IL)の総合優勝を争うチャンピオンシップ(CS)第3戦は30日、高松市のレクザムスタジアムで行われ、前期優勝の徳島インディゴソックスが2―1で後期優勝の香川に競り勝った。対戦成績は2勝1敗となり、3年ぶり4度目の年間総合優勝に王手をかけた。

 徳島は0―0の七回1死から垂井、三国、球斗の3連打で満塁の好機を築き、2死後に瀬口が押し出し四球を選んで均衡を破った。九回は2死から球斗が四球で出塁。続く橋本球が左前打を放ち、敵失が絡んで球斗が生還した。先発の松本は7回を散発3安打に抑えて無失点。八回は大蔵が三者凡退に抑え、九回はジェフンが1失点でしのいだ。

 第4戦は1日午後6時半から、香川県丸亀市の四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀で行われる。