県展・書道部門の作品を見る審査員=あわぎんホール

 第72回徳島県美術展(県民文化祭開催委員会、県美術家協会、徳島新聞社主催)の7部門のうち、書道の公開審査が30日、徳島市のあわぎんホールであり、入賞・入選作365点が決まった。

 内訳は漢字・篆刻(てんこく)184点(出品数371点)、仮名92点(203点)、近代詩文59点(136点)、前衛30点(84点)。

 特別賞の徳島市長賞は川村真澄さん(61)=徳島市上八万町上中筋、書道塾経営=の漢字「李白詩」が選ばれた。

 1日に写真、デザインの審査がある。展覧会は3期に分かれ、第1期(日本画・洋画・彫刻)は6~11日、第2期(写真・美術工芸・デザイン)は13~18日、第3期(書道)は20~25日に開く。