髙木整形外科 髙木院長

 徳島県小松島市松島町の髙木整形外科が、肩や膝などの変形性関節症に有効とされる治療法「脂肪由来幹細胞(ASC)治療」を始めた。患者から採取した細胞を使って治療するため、アレルギー反応が起こりにくい。中四国の病院で初めて導入した。

 ASCは患者の脂肪に含まれる細胞で、患部に注入すると別の細胞に変化し、病気やけがで失われた体の組織を再生する。関節症の治療では傷ついた軟骨を修復し、痛みや腫れを取り除く効果がある。

 患者の腹部から吸引器で脂肪を取り出し、専門機関で約6週間かけてASCだけを培養する。注射器で患部に注入した後はリハビリを行いながら治療する。期間は半年ほど。健康保険適用外の医療で、約150万円かかる。

 再生医療を行うには、厚生労働省による安全対策などの認可が必要。ASC治療は高価で治療期間が長いといったデメリットがあり、まだ全国的に普及していない。

 髙木整形外科は再生医療に力を入れており、患者の血液成分を使った治療などを行っている。ASCはこれまでの治療法より再生効果が高いとされるため、導入を決めた。髙木俊人院長(39)は「高齢化社会で関節症に悩む人が多くなっている。快適な生活が送れる治療を多くの人に提供したい」と話している。

 問い合わせは髙木整形外科<電0885(33)1133>。