【上】五回に先制本塁打を放ち喜ぶ生田(27番)と徳島ナイン【下】力投した伊藤翔=いずれも香川県の四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀

 四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスは1日、香川県丸亀市の四国コカコーラボトリングスタジアム丸亀で、チャンピオンシップ第4戦を行い、香川オリーブガイナーズに勝ち、3年ぶりの年間優勝を決めた。BCリーグチャンピオンとのグランドチャンピオンシップに挑む。
 徳島は香川の先発右腕・原田に1安打に抑えられていたが、五回2死から生田が右越えにソロ本塁打を放ち、1点を先制した。九回には小林の内野ゴロで1点を追加、ジェフンの左越え2点本塁打でダメ押しした。
 徳島・先発の伊藤翔は、140キロ台後半の直球とキレのよい変化球を武器に香川打線を3安打に抑え封した。

リーグチャンピオンシップ 第4戦 667人
徳島 000 010 003 4
香川 000 000 000 0

(徳)伊藤翔―垂井
(香)原田、リチャードソン、浜田―高島

本塁打=生田、ジェフン(徳)