玉垣に取り付けたササに七夕飾りをつるす逢坂なかまの会のメンバー=つるぎ町半田の建神社

<ア>

<イ>

<ウ>

 徳島新聞の記事を題材にした問題について考えてみましょう。

 神事「夏越しの大祓」を前に地域を盛り上げようと、つるぎ町半田逢坂の地域活性化グループ「逢坂なかまの会」が8日、地元の建神社の境内に七夕飾りを取り付けた。

 メンバーが手作りした折り鶴や短冊などをササ10本に飾り、境内の玉垣に設置した。短冊には災害が起こらないよう「大雨を降らさずほどほどに」や、新型コロナウイルス収束に向けて「ワクチンが早くできますように」などの願いを記した。

 七夕飾りは2015年から始めた。例年は20~30本のササを使っているが、今年は新型コロナの影響で規模を縮小した。

 会の鎌村百合美事務局長(67)は「地域が華やかになった。参拝者に喜んでもらえたらうれしい」と話した。建神社での「夏越しの大祓」は13日にある。

 問 題

 <1>七夕飾りの短冊には、どんな願いが書かれていましたか。

 <2>短冊に書かれた願いを、漢字4文字でひとまとめにして「○○○○を願う」と表現することができます。熟語は何ですか。

 <3>茅の輪をくぐる「夏越しの大祓」は、写真ア、イ、ウのどれでしょう。

 8月9日の地域総合面に掲載された記事を基に構成し直しました。

 解 答

 <1>「大雨を降らさずほどほどに」「ワクチンが早くできますように」など。

 <2>無病息災

 <3>ア 夏越しの大祓では「8」を描くように茅の輪をくぐって無病息災を願います。イは五穀豊穣や家内安全を祈願する白山神社(三好市山城町)の百手祭。ウは商売繁盛を願う事代主神社(徳島市通町)のえびす祭り。