満開になった赤ソバの花=美馬市美馬町の立見山地区

 美馬市美馬町重清北の休耕田で赤ソバの花が満開になっている。栽培している地元の農家グループ「百笑一起の会」は、初めて赤ソバの写真コンテストを開く。

 同会が8月中旬に品種「高嶺(たかね)ルビー」の種をまいた休耕田約25アールで、ピンクの花が秋風に揺れている。11月ごろにソバの実を収穫し、同会が運営している産直市の食堂で料理として提供する。

 コンテストは、同会が種をまいた重清北の2カ所(藤宇、立見山)を撮影した写真が対象。六つ切りかA4判にプリントし、重清北交流促進簡易宿泊施設「山人(やまんと)の里」のフォトコンテスト係に郵送する。1人3点以内。締め切り10月31日。入賞者には地元特産品の詰め合わせを贈る。

 優秀作品は写真展やカレンダーなどに使用することがある。問い合わせは地域おこし協力隊員の倉科さん<電080(8632)6785>。