1943年の創業以来、バラエティー豊かな即席麺で徳島県民の胃袋を支えてきた徳島製粉。70年以上の歴史の中で生まれた商品の中から、企画・開発から宣伝までを担う開発部員お薦めの商品5点の魅力を開発秘話と合わせて紹介する。驚きのエピソードを知れば、きっと手に取りたくなるはず!

第5位 「金ちゃん棒状ラーメン」

 

   希望小売価格:140円(税抜き)

 内容量:170グラム

 エネルギー:304キロカロリー

 「金ちゃんラーメン」の味を再現しつつ、より本格的な味わいを追求した「棒状ラーメン」は、麺を揚げずに乾燥させることでお店で食べるようなつるつる食感を楽しめる。スープも粉末スープと液体スープを併用することでしょうゆの香りが際立ち、さっぱりとしたマイルドな味わいに仕上がる。家庭でも簡単に本格的なラーメンを食べてほしいという思いから開発された商品で、湯戻り時間もカップ麺同様の3分とお手軽。好みに合わせて野菜を加えたり、鍋の〆に使ったりするのもお薦めだ。

第4位 「金ちゃんねぎらーめん」

 

 希望小売価格:180円(税抜き)

 具材:白ネギ、豚肉、エビ

 内容量:106グラム

 エネルギー:415キロカロリー

 ネギがたっぷり入った「金ちゃんねぎらーめん」は、魚介のだしを使ったしょうゆ味のすっきりとしたスープに、ピリッと辛いラー油がアクセントとなって最後まで飽きずにおいしく食べられる。ネギはシャキシャキとした食感や風味が損なわれないように何度も検品を行った上で、湿気を防ぐ特殊な袋に入れるというこだわりぶり。ほどよい辛さなので幅広い層から支持されており、リピート率も高い。

第3位 「金ちゃん飯店焼豚ラーメン

 

 希望小売価格:290円(税抜き)

 具材:レトルトパック(豚肉)、メンマ、青ネギ、うずまきナルト

 内容量:156グラム

 エネルギー:540キロカロリー

 ワンランク上のカップ麺を目指して開発が進められた商品で、麺には3種類の上質な小麦を合わせて練り上げており、しなやかでコシが強く、食べ応えがある。豚骨エキスや鶏、香味野菜を加えたスープはまろやかでコク深い味わい。具材には全国でも珍しいレトルトのチャーシューとメンマを採用することで、お店さながらの食感や風味を楽しめる。特にチャーシューはとろとろとした口溶けを再現するために、赤身と脂身の割合にこだわって製造されている。

第2位 「金ちゃんラーメンカップ鶏しお」

 

 

 希望小売価格:145円(税抜き)

 具材:味付鶏肉、赤唐辛子、メンマ、ねぎ

 内容量:73グラム

 エネルギー:333キロカロリー

 「金ちゃんヌードルしお」と区別するためにあえて白湯系スープに仕上げた商品は、まろやかでうまみの強いスープを生かすために、相性の良い丸麺を採用している。トッピングのとうがらしがシンプルな味に刺激をもたせ、飽きのこない深みのある味わいとなっている。

第1位「金ちゃんいか焼そば」

 

 希望小売価格:180円(税抜き)

 具材:イカ、キャベツ

 内容量:129グラム

 エネルギー:547キロカロリー

 イカがたっぷりと入った人気商品は、今年の2月にリニューアルされた。購入者から寄せられた「小さな子どもと一緒に食べたい」という要望に応えるため、辛みがやや強くスパイシーだった味付けを見直し、子どもでも食べやすいバランスのとれた味に改良した。使用している関西風ソースには魚介のエキスが入っており、具材のイカとも相性抜群。近年はイカが品薄でイカ焼きそばの販売中止するメーカーもある中で、その希少性も人気を集めている。