徳島県庁

 新型コロナウイルス感染者の立ち寄り先として徳島県が店名を公表した藍住町のラーメン店が1日、県の調査について事実関係などをただす質問書を再び飯泉嘉門知事宛てに郵送した。

 同店は8月、公表までの経緯などの説明を求める質問書を出し、県が同月24日付で文書回答していた。今回の質問書では、県の回答について「保健所との電話のやりとりの内容などに事実誤認がある」と主張。12日の会見で知事が「必ず保健所が立ち寄り状況を聞く」などと話したことに対し、「保健所が訪れて現況を確認した事実はない」と訴え、説明を求めている。

 県健康づくり課は「質問書の内容を確認し、対応を検討する」としている。