台風10号に備えてロープで係留された船=牟岐町牟岐浦の牟岐漁港

 非常に強い台風10号は、7日昼前から昼過ぎにかけて徳島県に最接近する。徳島地方気象台によると、最大瞬間風速が一時80メートルに達する「過去最大級」の勢力となる見込み。徳島は予報円の中心を通れば暴風域から外れる見通しだが、東寄りに進路が変われば県内も激しい暴風雨に見舞われ、甚大な被害が出る恐れがある。専門家は「距離が遠いから大丈夫だと思わず、備えを進めてほしい」と警鐘を鳴らしている。

 気象庁が4日午後6時50分に発表した進路予報では、6日午後3時に中心気圧915ヘクトパスカルの猛烈な勢力で奄美群島近海に到達後、九州の西岸をかすめながら北上する。四国は愛媛、高知両県の一部が暴風域(平均風速25メートル以上)に入っている。徳島は7日朝から強風域(15メートル以上)に入る見通し。

 台風の進行方向右側は、台風自身の風と台風を移動させる周囲の風が同じ方向に吹き、風雨が強まる。今回の台風10号では、徳島はこのケースに当たる。

 気象台によると、県内で6日に予想される最大瞬間風速は陸上、海上ともに25~35メートル。台風が接近すればいずれも強まる見込みだ。7日午後6時までの24時間予想雨量は北部で200~300ミリ、南部で300~400ミリ。多田行宏観測予報管理官は「台風が予報円の東側を通れば、さらに影響は大きくなるだろう」と分析する。

 県内ではどんな影響が想定されるのか。日本風工学会(東京)が風速ごとにまとめた目安によると、看板や屋根瓦が落下・飛散したり、走行中のトラックが横転したりする可能性があるという。7日は北上する台風に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となるため局所的な豪雨や土砂災害の恐れも高まる。

 徳島大大学院の長尾文明教授(風工学)は、対策として強風で飛ぶ恐れがある鉢植えなどは家の中に片付け、雨戸の使用徹底を提案。雨戸がない場合はカーテンを閉め、窓ガラスから離れた場所で過ごすよう求めている。「暴風域に入らなくても、通常の台風と同じ影響が出る可能性はある。早め早めの避難を心掛けてほしい」と訴える。