台風の大雨に備え、事前放流が行われた長安口ダム=那賀町長安

 大型で非常に強い台風10号は7日には鹿児島県に接近・上陸する見通しとなった。気象庁は5日、最大級の警戒を呼び掛けるため、6日午前に奄美を除く鹿児島県へ台風による暴風、波浪、高潮の特別警報を発表する可能性があると明らかにした。徳島県には7日午前中に最接近する見込みで、6日夜遅くから7日にかけて南部を中心に大しけとなり、県内は大雨となる恐れがある。県内6カ所のダムでは5日、あらかじめ水位を下げて容量を確保する事前放流が行われた。

 徳島地方気象台によると、県内は6日夕方から7日にかけて局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となる見通し。6日に予想される1時間雨量は多い所で北部40ミリ、南部50ミリ。6日午後6時までの24時間予想雨量は北部80ミリ、南部100ミリ。7日午後6時までの24時間では北部、南部とも300~400ミリで、その後の24時間は北部、南部とも50~100ミリ。

 6日の予想最大風速は南部で陸上14メートル(最大瞬間風速25メートル)、7日は北部、南部とも陸上15~19メートル(25~35メートル)と予想されている。

 波も高まり、6~8日は南部を中心に警報級の高波となりそう。6日に予想される波の高さは北部5メートル、南部6メートル。7日は北部、南部とも6~8メートルで、いずれもうねりを伴って大しけとなる見通し。6、7日は潮位が高くなるため、高潮にも注意を呼び掛けている。

 国交省四国地方整備局によると、事前放流を行ったダムは吉野川水系の三縄、名頃と、那賀川水系の長安口、小見野々、大美谷、川口。5日午前3~5時に、三縄は1万5千立方メートル、名頃は8千立方メートルを放流。長安口など4ダムは午後5時から放流を始めた。

 空の便は、日本航空が6、7日の福岡線計2往復と7日の東京線1往復の欠航を決定。全日空の東京線は6日の1往復と7日の2往復を欠航する。高速バスは徳島バスが6日の大阪線の上下5便と神戸線の上下4便を運休する。

 JR四国は大雨の影響で、5日午後4時半ごろから同午後5時半ごろにかけて土讃線の琴平-阿波池田駅間で運転を見合わせた。台風の接近に伴って6日夕~7日夕、牟岐線の徳島-牟岐駅間の特急や、阿南-海部駅間の普通列車などの運転を見合わせる可能性がある。

 台風10号は5日午後8時現在、南大東島の南約60キロを時速15キロで北北西に進んだ。中心気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心の東側240キロ以内と西側185キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。