徳島県内24市町村の首長交際費で、2016年度の使用額が100万円を超えていたのは7市町に上ることが、徳島新聞のまとめで分かった。全市町村の合計額は2142万4572円で15年度より約63万円多かった。徳島市は市長交代に伴い大幅減となった。ホームページ(HP)での公開は15年度より3市増えたものの、10市町にとどまり依然として公開への取り組みが遅れている。

 使用額が100万円以上なのは、東みよし、吉野川、阿南、つるぎ、松茂、三好、板野の各市町。最高額は15年度と同じ東みよし町で160万4483円。続いて吉野川市が151万4680円、阿南市が149万5320円、つるぎ町が148万2716円だった。

 東みよし町は、地元の商工会や老人会のイベントへの祝い金に118万3千円、弔電などの電報代に9万5588円、消防団の年末警戒への謝礼金などの寸志代に8万5千円などを支出した。

 最も少なかったのは石井町で3240円で、岡山県の視察先への土産代1件のみだった。

 徳島市は15年度の149万2090円から大きく減り84万8400円だった。理由について市秘書課は「(16年4月に就任した)遠藤市長の方針で、市民に疑念を抱かれないために必要最低限の支出にとどめるようになったため」としている。

 予算額が最も多かったのは、徳島市の350万円。阿南市と東みよし町が220万円、吉野川市と松茂町が200万円と続いた。

 16年度からHPで公開しているのは、徳島、阿南、吉野川市の3市。公開している10市町のうち、支出日や支出内容、金額などの内訳を詳細に出しているのは徳島市、鳴門市、小松島市、石井町、那賀町にとどまっている。

 吉野川市、阿波市、美馬市、三好市は「慶祝」や「弔慰」など項目ごとの件数や累計金額を、阿南市は月ごとの使用金額のみをそれぞれ公開している。