写真を拡大 アジの姿造り定食(1200円/平日限定)。写真はアジ1匹追加(+500円)して増量!

 鳴門市北灘沖で獲れた魚や干物などの加工品が揃う「JF北灘さかな市」の隣に、北灘漁協直送の魚介が堪能できる食堂がオープンした。すだちの果皮を飼料に配合し、鳴門海峡の漁場で育てられた県のブランド魚「すだちぶり」を筆頭に、ほどよい脂のりで風味豊かな鳴門鯛、定置網で獲れた旬の魚介の定食や丼が堪能できる。店内のガラスケースにはブリのカマ塩焼や鯛のあら煮などが並んでいるので、好きなものを選んでご飯や味噌汁とセットにするのもおすすめだ。

 「観光のお客さんはもちろんですが、地元の方にも親しんでもらいたい」と言う支配人の岡田直樹さん(30・徳島市出身)の思いから、平日限定メニューも充実。その日仕入れた魚を使う「本日のまかない丼」(1100円)はさっそく売切御免の人気メニューになっており、この日はブリ、鯛、シマアジ、ヒラメ、タコなどで彩られた。同じく平日限定のアジの姿造り定食(1200円)や鯛チャーハン(880円)、北灘ハモ天丼(1350円)なども好評だ。平日メニューは仕入れた魚により決まるので、何があるかはその日のお楽しみだ。

写真を拡大 すだちぶり丼(1450円)。分厚い刺し身が贅沢に器を覆う

住所=鳴門市北灘町宿毛谷相ヶ谷23
088-679-4137
営業時間=10:00〜LO20:00
定休日=無休

駐車場:あり
完全個室:なし
多機能トイレ:あり
座敷席:あり
Wi-Fi:なし
開店:2020年7月15日