『VS嵐』に出演したドラマ『DIVER』チームの福士蒼汰(C)カンテレ

 人気グループ・嵐が出演する、17日放送のフジテレビ系バラエティー番組『VS嵐』(後7:00)に、22日スタートのドラマ『DIVER-特殊潜入班-』(毎週火曜 後9:00)から主演の福士蒼汰や、野村周平が参戦する。福士と野村が鍛え上げた体で「クリフクライム」に挑戦するなど、片瀬那奈、寺脇康文、正名僕蔵、りょうと共にさまざまなゲームに挑む。

【写真】見事な蹴りを披露した福士蒼汰&クリフクライムに挑戦する野村周平

 ドラマはコミック雑誌『グランドジャンプ』(集英社刊)で連載していた人気漫画『DIVER-組対潜入班-』(作・大沢俊太郎氏)を実写化。かつては警察も手を焼くほど巧妙な手口を考え出す犯罪者だった主人公の黒沢兵悟(福士)が、その異常なIQ・判断力・身体能力が認められD班の一員として、犯罪組織に潜入。自身の正義で悪を裁いていくノンストップサスペンス。

 福士、野村、片瀬は、特命の潜入捜査チーム“D班”メンバー、りょうはそのD班を秘密裏に組織した兵庫県警本部長、正名は兵庫県警組織犯罪対策課の課長として役柄が明らかになっている。一方、寺脇は「このドラマの重要なカギを握る人物」ながら、その役名も役どころも明らかになっていない。

 寺脇は「まだ、謎の男、としか言えないんです」といい、ドラマの共演者と顔を合わせるのもこの収録が初めて。しかし、チームの息はぴったり! 全員で挑んだ特別企画「芸能人プラベート写真!間違い探し」では珍回答が続出する。

 福士と寺脇は、ドラマ初共演ながら、撮影現場ではなく、この収録が初顔合わせに。収録後、福士は「楽しかったですね! このチームで参加できてよかったです」と笑顔で話し、寺脇は「すごくバランスのいいチームでしたね! 福士くんとはドラマ初共演になりますが、しっかり座長としてまとめてくれました。それ以外のメンバーはこれまでにも共演したことがあるのでイメージはありましたが、改めていいチームだなと思いました」とコメント。ドラマについても「僕らの年代が好きな、ハードでエンターテインメント性が高い作品です。早く全貌を言いたいですね(笑)」と、謎に包まれる展開に含みをもたせた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。