福島の撮影で感動したことを振り返った柴咲コウ

 女優の柴咲コウが17日、オンラインで行われたAudi初の電気自動車『e-tron Sportback』発表会に出席した。

【動画】実業家としての活動を語る柴咲コウ

 「Audi e-tron」サポーターに就任し、本製品のスペシャル映像にも出演している柴咲。映像は、柴咲も出演しており、現在放送中のNHK連続ドラマ小説『エール』の舞台となっている福島県で撮影が行われた。

 柴咲は「少し離れたところは原生林が広がっていて、自然豊かなことをあらためて知りました。磐梯朝日国立公園、浄土平、吾妻山などで撮影したのですが、感動的な風景を見させていただきました」と振り返った。さらに、映像で流れるテーマソングも担当しており「地球のひとかけらの私たちが、本来の地球を慈しむ思いで作らさせていただきました」と楽曲に込めた願いを話していた。

 『e-tron Sportback』は、きょう17日より発売開始。デザインはプラチナムグレーのワイドな八角形のフレームが用いられ、航続距離は400キロ以上を実現。市街地での走行でも、タイヤと電気モーターの音しか聞こえないなど、高い静粛性と快適性なども備えられている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。