徳島県警察本部

 徳島県警捜査1課は17日、孫娘に対する強姦(ごうかん)の疑いで、県内に住む70代の大工の男を再逮捕したと発表した。男は、別の孫娘への強制性交容疑で8月に逮捕されていた。県警は被害者の特定を避けるため、男の氏名や住所は公表しない。

 再逮捕容疑は2015年10~11月ごろ、自宅で同居していた10代の孫娘に手首をつかむなどの暴行を加え、わいせつな行為をしたとしている。

 県警は公的機関から「児童が家庭で性的虐待を受けているようだ」と連絡を受け、孫娘2人に対する虐待を調べていた。男の認否は明らかにしていない。