台風21号の接近に備えて、船をロープで係留する漁師=午前9時35分、牟岐町牟岐浦の牟岐漁港

 超大型で非常に強い台風21号は21日午前、日本の南の海上を北上した。徳島県には22日夜から23日未明にかけて最接近するとみられる。徳島地方気象台は、土砂災害の恐れが強まったとして午前10時すぎ、三好、美馬、阿波の3市と東みよし、つるぎ両町に大雨警報を出した。

 気象台によると、台風の北上に伴い、四国の南の海上に停滞する前線が活発化しており、21日午前は各地で強い雨が降った。

 22日正午までの24時間予想雨量は北部、南部ともに多い所で150ミリ。22日から23日にかけて全域で雨が激しくなり、23日正午までの24時間雨量は北部、南部ともに、多い所で300~200ミリと予想されている。

 21日の最大風速は陸上で12メートル、海上で15メートル、22日は陸上で20メートル、海上で25メートルと予想され、海は大しけとなる見込み。

 牟岐町牟岐浦の牟岐漁港では21日午前、漁師たちが漁船の係留作業に追われた。

 台風は21日午前9時現在、南大東島の南の海上を時速約15キロで北東に進んでいる。中心の気圧は925ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径280キロ以内が風速25メートル以上の暴風域になっている。

 非常に強い勢力で沖縄に接近し、勢力を保ちながら22~23日にかけ西日本から東日本、北日本にかなり接近する見通し。