超大型で非常に強い台風21号は21日、沖縄の南の海上を北上した。徳島県内には22日夜遅くに最接近する見通しで、衆院選の投開票時間と重なる可能性がある。市町村選管は「投票に行く際は十分に注意してほしい」などと呼び掛けるとともに、円滑な開票業務が行えるよう準備を進めた。

 徳島地方気象台によると、22日未明から全域で激しい雨が降り、同日午後6時までの24時間予想雨量は北部、南部ともに多い所で250ミリ。23日にかけてさらに雨は激しくなり、同日午後6時までの24時間雨量は北部、南部ともに多い所で300~200ミリと予想している。

 22日の最大風速は陸上20メートル(最大瞬間風速35メートル)、海上25メートル(同35メートル)。波はうねりを伴って南部で最大8メートル、北部で最大6メートルの大しけになる見通し。

 気象台は21日午後8時40分時点で、鳴門市や阿南市、那賀町など15市町村に大雨警報を出している。

 県のまとめでは、21日午後7時時点で、阿波市全域1万5274世帯3万8403人に避難準備・高齢者等避難開始、三好市西祖谷山村有瀬上地区15世帯25人に避難勧告が発表されている。三好市では同地区の2世帯2人が避難しているほか、7世帯7人が自主避難している。

 JR四国の各線では22日始発からの運転見合わせを決めた。徳島と和歌山を結ぶ南海フェリーは22日午前8時から23日午前8時半までの上下18便を欠航。徳島空港を発着する空の便は、全日空が22日午後7時10分羽田発徳島行きの1便を除く東京線上下7便の欠航を決めた。

 台風は、22日午前0時現在、南大東島の南東約220キロを、時速約30キロで北北東へ進んだ。中心の気圧は925ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心の南東側280キロ以内と北西側220キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。