山橋さんとヴァルデスの足跡を紹介するパネル=徳島市の八万中央コミュニティセンター

 2015年10月、徳島市の市道で警報音を鳴らさずバックしてきたトラックにひかれて亡くなった視覚障害者の山橋衛二さん=享年(50)=と盲導犬ヴァルデスを追悼するパネル展が、同市八万町内浜の八万中央コミュニティセンターで開かれている。11月30日まで。

 1階ロビーと2階の研修室に、山橋さんとヴァルデスの等身大タペストリーのほか、交通安全の啓発や盲導犬への理解を広める活動に取り組んだ足跡を紹介するA1、A2判のパネル計21枚を展示している。

 山橋さんの命日(10月3日)と県の人権月間(11月)に合わせて企画した。11月6日午後1時半から徳島市城南町1の視覚障害者、平田壽美子さんが盲導犬との暮らしについて講演する。

 <メモ> 開館時間は午前9時~午後9時(日曜、祝日は午後5時まで)。入場無料。問い合わせはセンター<電088(668)8191>。