台風10号が徳島県内に近づいた6日から7日にかけ、県内の多くの自治体では新型コロナウイルスの感染拡大後初めて、避難所を設けて避難者を受け入れた。避難所では検温や健康状態の確認、避難者の密集を避けるためにテントを活用するなどの感染対策が取られた。避難者数が想定を上回る混乱はなかったものの、自治体からは多数の住民が避難所に集まった場合の対応を不安視する声も聞かれた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。