セレクトECショップ「羽田甚商店」のライブコマースに臨む羽田美智子(右)

 女優の羽田美智子が店主を務めるセレクトECショップ「羽田甚商店」。そのシルバーウィーク特別企画として、鮮魚流通の独自ルートを開拓した「羽田市場」とコラボし、コロナ危機に瀕する全国の漁師を救う『お家にいながらバーチャル市場ツアー』が21日、実施された。

【写真】漁師自慢の海産物に舌鼓を打つ羽田美智子

 本企画は、オンラインで繋がった全国各地の漁師が自ら獲った鮮魚の魅力を伝え、羽田が実際に試食して生配信で伝えるというもの。視聴者は、鮮魚の美味しい食べ方や調理・保存方法はもちろん、漁師の並々ならぬ想いまでも、直接聞くことができる。

 番組では、「羽田市場」代表・野本良平氏が全国各地から厳選した、きびなご刺身、いか沖漬け、白えび刺身、甘海老、天然本まぐろの5種類の鮮魚を紹介し、“国内でイカ釣りをやらせたら絶対に負けないという気概をもっている”“銀座の高級お寿司やさん、ミシュランの星付きのお店も使っているので、間違いないです。”など、それぞれ各地の漁師たちが各々想いを語った。

 タイセイヨウクロマグロ漁業で世界初MSC認証を取得した、宮城県の臼井壯太朗氏は、「日本はいろんな美味しい食材や料理がありますが、世界的にみても値段が安いんです。」と、魅力的な食材が豊富な国というのは日本の魅力でありながら、生産者が困窮する仕組みになってしまっていることを話し、漁業に携わる人間が激減していることも明かした。

 視聴者からはコメント欄にて「持続可能な漁、素晴らしいですね! 未来に繋がる漁ですねー」、「漁師さんから説明してもらえるって良いなぁ」、「漁師さんのおかげで美味しいイカが食べられます。漁師さんありがとう!」、「近所で買えないから、こういうイベントがありがたいんですよね」など賛同の声が多数寄せられた。

 ライブコマースの模様はオンラインで1週間の無料アーカイブ視聴が可能(https://hadajin-shoten.spwn.jp/)。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。