テレビ会議方式で開かれたG20貿易投資相会合に出席する梶山経産相=22日、経産省(同省提供)

 先進国に新興国を加えた20カ国・地域(G20)の貿易投資相会合が22日、テレビ会議方式で開かれた。新型コロナウイルス感染症の対策と経済活動の両立に加え、世界貿易機関(WTO)改革などを議論。感染拡大の経済的、社会的な打撃を抑え、成長を回復するためにあらゆる政策手段を尽くすなどとする共同声明を発表した。

 日本からは梶山弘志経済産業相が出席し、多国間貿易体制の維持と強化、デジタル経済のルール作り、公平な競争条件確保の3点に注力すべきだと提案した。

 医療関連物資について貿易制限措置の抑制や撤廃を進めることを強調。電子商取引に関するルール整備の重要性も訴えた。