コンビニ大手3社の看板。上からセブン―イレブン、ファミリーマート、ローソン

 日本フランチャイズチェーン協会が23日発表した8月の主要コンビニ7社の既存店売上高は、前年同月比5・5%減の9059億円だった。新型コロナウイルスの影響で客数は減少が続いたが、猛暑でアイスクリームなどの夏物商材が売れたため減少率は7月の7・4%より縮小した。来店客数は9・3%減。

 売上高、来店客数ともに6カ月連続で前年同月を下回った。1人が1回の買い物で使った平均額は4・2%増の671円70銭で、11カ月連続のプラスとなった。