初の結婚指輪に照れた田中みな実 (C)ORICON NewS inc.

 フリーアナウンサーの田中みな実(33)、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹(51)が24日、都内で行われた『TANPACT 新商品・企業間連携 発表会』に参加した。

【動画】田中みな実、初の結婚指輪 左手見せのポーズも披露

 明治「TANPACT」シリーズのCMで、夫婦役の2人。10月5日からの新CMでもバツグンの夫婦感をかもし出している。この日は左手の薬指に指輪をして登場した。田中は「CMの設定上は夫婦ですので、きょうは結婚指輪をつけています。私は初めて左手の薬指に指輪をつけて登壇しています」とにっこり。2人で左手を見せるポーズも披露し、飯尾は「なんか記者会見みたいで、うれしいですねぇ。『出会いはロケです』って言いたい」とデレデレだった。

 飯尾の夫役について田中は「とってもやりやすかったです。いい意味で緊張感がなくて。イケメン俳優さんとかだったらドキドキしちゃったと思うけど、飯尾さんは横にいてくださるとホッとして長年連れ添った夫婦の感じが出せたんじゃないかな」とちゃめっ気たっぷりにトーク。飯尾は「設定上は、世界的(に有名)じゃないご飯を食べられるぐらいのイラストレーターらしい。ディレクターの方に『何が起きて結婚できたんですか?』って質問ばっかりしてました」と苦笑い。田中は「きっと大器晩成型なんだろうと信じて…」と笑顔で“結婚秘話”を明かしていた。

 また、ソーシャルディスタンスに配慮し、アクリル板越しの“遠隔あ~ん”を実施。「かわいい妻のみな実のために、TANPACTで健康的な生活を誓います」と頬を緩ませ、田中も「このCMを長くやりたいので飯尾さんが健康でいてくれないと困ります。これからも飯尾さんと力を合わせて夫婦でTANPACTな生活を送っていきたいと思います」と約束した。

 明治は「乳たんぱく質で日本を元気にする」という理念のもと、たんぱく質摂取量の低下が一因と考えられる「低栄養」といった社会的な問題を解決することをを目指す「TANPACT」シリーズを、今年3月から展開。取り組みに賛同した企業である山崎製パン、伊藤ハム米久ホールディングスと協業し、新商品を各社から発売する。すべての会社が、統一のデザインフォーマットを使用する。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。