ゆうちょ銀行は24日、同行が提携する電子決済サービスに登録する約550万人の顧客に対し、電子メールやダイレクトメールを順次送り、不正利用による被害の有無を確認するよう求めると発表した。