シネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』完成披露舞台挨拶に登壇した三谷幸喜 (C)ORICON NewS inc.

 脚本家の三谷幸喜(59)、歌舞伎俳優の松本幸四郎(47)、片岡愛之助(48)が24日、都内で行われたシネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』(10月2日公開)完成披露舞台あいさつに登壇した。

【集合ショット】松本幸四郎、片岡愛之助らとともに登壇した三谷幸喜

 本作は、昨年の6月に歌舞伎座で公演が行われ、シネマ歌舞伎としてスクリーンで上映される運びに。物語は、江戸時代後期が舞台。大黒屋光太夫らを乗せた商船が激しい嵐に見舞われ、ロシアに流れ着くことになった。異国の言葉と文化に戸惑いながら、生活を始める光太夫たち。日本への帰国の許しを得るため、ロシアの奥へ奥へと進んでいき、女帝・エカテリーナに謁見するが…。

 昨年の公演を振り返った三谷氏は「歌舞伎の方々はお芝居がしっかりしているので、歌舞伎に関してはアドリブ解禁なんです。それで、客席で見ていたらみんな志村けんさんのネタをやるんですよ。何回も出てくるから『やりすぎじゃないか?』と思っていたら、志村さんが見に来てくれていたんです」と明かした。

 志村さんの反応を聞かれた幸四郎は「無反応でした」と苦笑い。それでも三谷氏は「うれしいですよね。見に来てくださるのは」と駆けつけてくれた志村さんに感謝していた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。