2015年5月、オバマ米大統領(当時、左)と握手するセルバ氏(右)=ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米軍退役大将を含む米政府元高官ら安全保障の専門家約500人が24日、国民向けの公開書簡を発表し、トランプ大統領が同盟国の米国への信頼を損ねたと批判、11月の大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領を支持すると表明した。共和、民主両政権を支えた超党派の書簡で、バイデン氏に追い風になりそうだ。

 トランプ政権で米軍制服組ナンバー2の統合参謀本部副議長を昨年7月まで務めたセルバ退役空軍大将ら約200人の元軍高官が含まれる。軍高官は退役後も政治的中立性を保つことが多く、米メディアは最高司令官を兼ねる大統領を批判するのは異例だと指摘した。