連続テレビ小説『エール』第15週より。子どものいない吟(松井玲奈)を傷つけるようなことを悪気なく言ってしまう大日本帝国婦人会班長の佐々木克子(峯村リエ) (C)NHK

 NHKで放送中の連続テレビ小説『エール』(月~土 前8:00 総合ほか※土曜は1週間の振り返り)第15週(9月21日~25日)から、大日本帝国婦人会の班長・佐々木克子役で出演する峯村リエからコメントが到着。本人に悪気はなくとも、自分は正しいと思うあまり、他人への決めつけや押しつけが強いタイプの女性を見事に演じている。峯村の連続テレビ小説の出演歴は『まれ』(2015年度前期)以来、2作目。

【写真】民放ドラマで池谷のぶえとの共演も話題に

■峯村リエのコメント

 あの真っ直ぐな世界にあのキラキラした真っ直ぐな世界に私が入っていけるんだわ、と『エール』出演のお話をいただいた時に小躍りしました(本当に踊った)。そして、「国防婦人会班長 克子」というこれまた真っ直ぐな役を(彼女なりに真っ直ぐなんです)読んだ時に、信じている事以外は何も受け付けません!というような彼女の、家族構成と生きた時代とに思いを馳せ、いろいろ想像しておりました。

 撮影現場に一歩足を踏み入れた時、そこには「本当にその時代を生きている人達」の風景がありました。思わず拍手しました。どうぞ、この時代の中で何かを信じて真っ直ぐに生きている、ちょっぴりピリッとした克子さんをご覧ください。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。