「魔王学院の不適合者」の場面カット(C)2019 秋/KADOKAWA/Demon King Academy

 TOKYO MXなどで放送中のテレビアニメ『魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』の第13話(最終話)の場面カット&あらすじが公開された。

【画像】最終回も登場!美女サーシャ&ミーシャのツーショット

 第13話は、黒い仮面の男・アヴォス・ディルヘヴィアの正体が明らかになり、事態は急転する。二千年を経ても癒えぬ魔族と人間の禍根。その果てに、暴虐の魔王アノス・ヴォルディゴードが取った選択が描かれる。

 同作は、同名のライトノベルが原作。人を、精霊を、神々すらも滅ぼしながら、延々と続く闘争に飽き、平和な世の中を夢見て転生した暴虐の魔王「アノス・ヴォルディゴード」が、二千年後に転生すると、平和に慣れて弱くなりすぎた子孫たちと、衰退を極めた魔法の数々が彼を待っていた。

 魔王の生まれ変わりと目される者を集め教育する“魔王学院”に入学したアノスだったが、学院は彼の力を見抜けず不適合者の烙印(らくいん)を押す始末。さらには、伝説の魔王は自分とはまったくの別人という事になっており、誰からも格下と侮られる中、ただひとり親身になってくれる少女ミーシャを配下に加え、不適合者(魔王)が、魔族のヒエラルキーを駆け上がるストーリー。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。