『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』出川哲朗出演回の模様 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・ナインティナインがパーソナリティーを務める、ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)。オープニングトークのテーマにもつながる番組冒頭の“怒鳴り”が、2人の近況や歴史も垣間見えることから、ORICON NEWSではコンビとしての再出発を果たした5月から、1ヶ月ごとに「怒鳴り」とトークを振り返る企画を開始。今月もコンビとしての近況を交えた「怒鳴り」が登場した。

【写真】今回も濃密!『ナイナイANN』に独占密着

 3日深夜放送の怒鳴りは「1番サード」。安倍晋三首相(当時)が辞意を表明し、有力な首相候補だった菅義偉官房長官(現首相)が中学時代に、野球部で1番サードだったことに由来する。冒頭のトークで、岡村隆史が「安倍さん辞任ということで、まさかやめはるとは思ってなかったんですけど、よくよく考えると、次やる人大変や。菅さんなのかと言われていますけど…」と時事ネタトークを繰り広げていった。

 10日深夜放送の怒鳴りは「サンマル」。直前に放送された日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』2時間スペシャルでは、コンビ結成30周年を迎えたナイナイを祝福するために「ナインティナイン結成30年記念ゴチ」を実施。特別企画「照れちゃ負けよ!愛する相方へぶっちゃけゲーム」では、向かい合って普段は恥ずかしくて言えないことを伝えあう中、岡村が「これからまたいろいろあると思いますが、30年やらせていただきました。40年50年とまた一緒にコンビでやれたらいいなと思っております。これからもよろしく」と照れながらコンビ継続への意欲を示した。

 その直後に放送された『ANN』に、ORICON NEWSでは独占密着取材を敢行。盟友の出川哲朗が生出演し、3人が好きなロック歌手に扮して、一番ロックな人物を決定する「緊急生中継 芸能界ロック王決定戦」を開催。全曲の歌唱が終わり、審査委員長の岡村から発表された「ロック王」は、TBSラジオの裏番組『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』パーソナリティーのおぎやはぎだった。

 岡村が「おぎやはぎさんが、きょうから2人でラジオをやられていると。病み上がりっていうこともあるので、そういう時にはメロンがいいんじゃないかということで、マスクメロンをTBSラジオにお送りします。必ずTBSラジオさん、おぎやはぎさんに渡してください。ナイナイからです。よろしくお願いいたします。退院祝いです」と呼びかけると、出川も「すばらしい、粋だね。お前、ロックだな。最高にカッコいいぜ。TBSとのコラボも粋だよね」と声を弾ませた。

 祭りの翌週にあたる17日深夜放送の怒鳴りは「キハダマグロ」。『ANN』歴代スタッフで、ロック王の優勝賞品であるメロンを用意したことでも知られる宅野淳氏とのトークが話題となり、岡村が矢部に「宅野さんと、釣りについてトークをしたんじゃないですか。きょうもメロンを持ってきてもらって、帰り際に『キハダマグロ釣れませんでした』って言っていましたけど、あれは僕に言ったんじゃないな」と振り返ると、矢部も「あれ、たぶん空間に言ってん」と分析。その後、矢部と宅野氏による“キハダマグロトーク”が展開されたことを、ナイナイがうれしそうに話していた。

 24日深夜放送の怒鳴りは「ありがとう」。2週前の放送で贈呈すると発表された「メロン」が、その翌週におぎやはぎのもとへと届き、『メガネびいき』冒頭で2人がメロンを食べながら「マジうまいな、出てないのに優勝だぜ、優勝するっていいな」としみじみ。「ナイナイさんのラジオのディレクターさんが、きょう届けてくれて…なんかいいよね。本当に」と裏番組との交流をしみじみと語った。

 そのお返しとして、おぎやはぎから「麻ピー」がプレゼントされたため、この日の冒頭で、岡村が「おぎやはぎさんにメロン、お渡ししましたら、お返しにナッツですか、いただきました。パッケージ見る限りは辛そうな感じですが」とコメント。実際に口に運び、味の感想を伝えながら「たくさんいただいたので。ありがとうございます」と気持ちを伝えていた。

 ナイナイ2人の「現在」「過去」「未来」をつなぐ、冒頭の怒鳴り。来月以降も、どういったワードが飛び出してくるのか注目していきたい。24日深夜放送の『ナイナイANN』は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

■ナイナイANN“怒鳴り”一覧
5月…ピョン吉、メロン
6月…マイクル、赤い彗星、人気はメロン、ドライバー
7月…ようつべ、ブルース、直列、ただいま
8月…エージェント、腕毛フサフサ、ロキソニン、100倍返し饅頭
9月…1番サード、サンマル、キハダマグロ、ありがとう


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。