東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会は25日の合同会議で、五輪・パラリンピックで計52項目の簡素化を進めることで合意した。