東京六大学野球リーグ第2週第1日は26日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、明大が立大に9―4で逆転勝ちし、ポイント1・5とした。シーズン初戦の慶大は東大を3―0で下して同1。

 明大は1―3の五回に植田の適時二塁打などで3点。八回にも上田の本塁打などで4点を奪い、3本塁打の立大を振り切った。一回に広瀬の2点本塁打で先制し、二回にも加点した慶大は3投手の継投で得点を許さなかった。

 2回戦総当たりの今リーグは勝ち1、引き分け0・5のポイント制で争われる。