玉木宏主演『極主夫道』ポスタービジュアル (C)ytv

 俳優の玉木宏が主演する10月11日スタートの読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『極主夫道』(毎週日曜 後10:30)のメインビジュアルが解禁された。極道のスーパー専業主夫・龍を演じる玉木のほか、龍の妻・美久役の川口春奈、龍の舎弟・雅役の志尊淳、そして龍と美久の娘・娘・向日葵役を演じる白鳥玉季らが勢ぞろいしたインパクトある仕上がりとなっている。

【写真】MEGUMI、橋本じゅんら追加キャストビジュアルも解禁

 今作は『全国書店員が選んだおすすめコミック2019』で第2位、累計200万部突破のおおのこうすけ氏による人気漫画『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)を実写化。コワモテだけど、愛情深くて実はかわいらしい元最強の極道“不死身の龍”が、専業主夫の大変さや楽しさを知りながら、トラブルや悩みを爽快に解決する仁義なきヒューマン任侠コメディー。

 公開されたメインビジュアルでは、お玉とフライ返しをもって、バシっと表情を決め込む龍のほっぺたを指でつついている美久の姿が、劇中での2人の関係性を表現。雅は、お掃除用具をもって構えているが、果たして、その腕前はいかほどか。

 そして、このほどレギュラー出演者が一斉解禁。菊次郎(竹中直人)が会長をつとめる『天雀会』とは敵対関係にある『大城山組』の組長・大城山國光に橋本じゅんが起用。龍が暮らす火竜町・婦人会の会長・田中和子役に、MEGUMI、その婦人会のメンバーの一人・太田佳世に、田中道子が決定した。

 さらに、交番勤務の警察官酒井(古川雄大)の先輩である佐渡島に、安井順平。大城山組の組員として、井田昇に中川大輔、岡野純に片岡久迪。ゆかり(玉城ティナ)のアルバイト先の喫茶店の店長遠野誠に水橋研二、龍が行きつけのスーパーの店長・三宅亮に本多力、向日葵の同級生・立花ユキを新津ちせが演じることも明かされた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。