TDL史上最大規模の新エリアがついにオープン(C)Disney

 東京ディズニーランド(TDL)に、史上最大規模の開発エリアがきょう28日にオープン。日本オリジナルの大型アトラクション『美女と野獣“魔法のものがたり”』をはじめ、“ここでしか体験できない”新たな楽しみが目白押し。25日にはプレスプレビューが開催され、実際の体験から見どころを紹介する。

【写真181枚】美女と野獣の世界を体感! アトラクション内部も大公開

■圧倒的な没入感 踊るように揺れ動く“魔法のカップ”で映画『美女と野獣』の物語の世界へ

 ファンタジーランドに、ディズニー映画『美女と野獣』をテーマにした新エリアが誕生。森にそびえ立つ高さ約30メートルの「美女と野獣の城」では、アトラクション『美女と野獣“魔法のものがたり”』が体験できる。

 同アトラクションは、映画の名曲に合わせて動く“魔法のカップ”に乗り、映画のストーリーに沿って名シーンをめぐる、約8分間のライドタイプアトラクション。各シーンではプロジェクションマッピングといった技術の進化によって、キャラクターたちがまるで命を宿しているかのようにさまざまな表情を見せる。これまで以上にリアリティを持たせ、まるで映画の世界に迷い込んだかのような没入感が味わえる。

 ほかにも新エリアには、ベルが訪れた本屋、ガストンの噴水、ガストンの酒場をモチーフにしたレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」などが並ぶ。アトラクション、フード、グッズまで、映画の世界観に浸ることができる。

■世界初『ベイマックス』の新アトラクションで“ハピネスレベル”を上げよう

 トゥモローランドには、世界のディズニーテーマパークで初めて映画『ベイマックス』をテーマにしたライドタイプアトラクション『ベイマックスのハッピーライド』が登場。

 まず目を引くのが、ライドの先頭でハンドルを握る、ベイマックスにそっくりなケア・ロボットたち。つぶらな瞳に大きなお腹、優しそうな表情は見ていて癒される。

 乗り物に乗りこむと、ケア・ロボットたちの操縦によるドライブがスタート。縦横無尽にぐるぐると振り回されて…予測不能な動きやアップテンポなBGMに思わず笑顔がこぼれる。天井のスキャナーからはカラフルな光が放たれ、ゲストのハピネスレベルを測定。サプライズにあふれた体験によって、心が”ハピネス”で満たされること間違いなし。

 エリアには、パーク初となるポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」も。「クッキークリーム」「キャラメル&チーズ」「ストロベリーミルク」の3種類のフレーバーが購入できる。

■ミニーマウスに会える!ファン待望のグリーティング施設 

 トゥーンタウンには、ミニーマウスと会えるキャラクターグリーティング施設『ミニーのスタイルスタジオ』が登場。

 同施設は、世界で活躍するファッションデザイナーのミニーマウスが、衣装のデザインや制作、撮影などを行うスタジオ。ミニーマウスが表紙を飾ったポスターやトロフィーなど、彼女の活躍ぶりがうかがえる展示物や、かわいいインテリアが並ぶおしゃれな空間。部屋の床にはミニーマウスのペット・フィガロの足跡も。それらを辿ると…。遊び心満載の部屋は子どもから大人まで楽しめる。

 フォトスタジオでは、季節ごとの装いのミニーマウスと対面。TDLには、ミッキーマウス、ドナルドダック、デイジーダックとふれあえるグリーティング施設はあったが、ミニーマウスは今回が初。ファン待望の施設となっている。

 当初の予定から5ヶ月が経ち、待望の新エリアがついに開業。東京ディズニーリゾートの公式YouTubeチャンネルには「新しい歴史の1ページを記念して特別映像をお届けします」と、臨場感あふれる動画が公開。ツイッターでは「新エリアオープン」がトレンド入りするなど、早くも期待と歓喜の声があふれている。

 新たにオープンする施設では、入場するゲストの集中を避けるため、当面の間は利用人数の制限を実施。入園後に東京ディズニーリゾート・アプリより、体験時間をエントリーする方式に(結果によっては利用できない場合あり)。レストランやショップの入店も、事前にオフィシャルウェブサイトからの利用時間予約が必要。ゲストが安心して楽しめるようパーク内では引き続き、消毒やソーシャルディスタンスを保った対策を実施する。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。