「ドラマ+(プラス)」の第1弾作品『僕らは恋がヘタすぎる』メインビジュアル (C)ABCテレビ

 ABCテレビで新たにスタートする、日曜深夜のドラマ枠「ドラマ+(プラス)」の第1弾作品『僕らは恋がヘタすぎる』にレギュラー出演する嶋崎斗亜(Lilかんさい/関西ジャニーズJr.※崎=たつさき)のコメントが到着。ドラマのタイトルにちなんで、「ヘタすぎることを教えてください!」という質問に、「嶋崎斗亜は  コメント がヘタすぎる!」と回答。「このコメントは3時間くらいずっと考えてるんですけど、なかなか思いつかなくて、皆さんのインパクトに残るコメントができたらいいな〜」とぼやいていた。

【写真】嶋崎と兄弟を演じる塩野瑛久

 同ドラマは、電子書籍配信サイト「コミックシーモア」で人気の同名オリジナル漫画(作:橘えいこ/ソルマーレ編集部)が原作。川島海荷と白洲迅のダブル主演で、「自己犠牲ガール」「Mr.正論」「セフレ体質女子」「影ありチャラ男」「健気わんこ系男子」と、それぞれ性格がまったく異なる男女5人が繰り広げる、リアルなラブストーリー。

 個性的ながらも「わかる!」とどこか共感できる登場人物5人を、川島、白洲、塩野瑛久、浅川梨奈、そして嶋崎が演じる。妬み、策略などが渦巻きながらも、それぞれ全く違う性格の男女が恋愛、友情、そして兄弟愛で成長していく姿を描く。

 嶋崎は、塩野が演じる一之瀬歩の弟・一之瀬奏多役。年下の彼氏と年上の彼女の淡いラブストーリーを描いたドラマL『年下彼氏』(ABCテレビ・テレビ朝日ほかで放送)での好演が光った嶋崎が、今度は「兄」との繊細な関係、そして淡い恋をフレッシュに演じる。アコースティックギターの弾き語りシーンがあり、見どころの一つとなっている。

――原作マンガを読んだ感想は?

【嶋崎】今まで少女漫画は女性が読むものだと思っていて読んでこなかったんですが、読んでみると楽しくて次へ次へと読み込んでいました。登場キャラクターの気持ちになってキュンキュンしたり腹立ったりもしちゃいました。

――奏多役を演じるにあたっての意気込みは?

【嶋崎】奏多はあまり気が強くなくて、でも負けず嫌いな子なのかな〜と思ったのでしっかり特徴を捉えて原作のイメージとかけ離れないよう頑張ります!

――見どころと視聴者へのメッセージ

【嶋崎】不器用な5人がヘタながらも恋愛に取り組む姿を客観的に応援する立場や、それぞれの人物の視点で見れるのでこれだけでも5通りの見方があります! 楽しみ方はたくさんあるので、多くの方に見ていただきたいです。よろしくお願いします。

■放送情報
ABCテレビ:10月25日スタート、毎週日曜 後11:55~
テレビ神奈川:10月27日スタート、毎週火曜 後11:00~
※ほか地域でも放送


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。