Netflix映画『ミッドナイト・スカイ』(12月配信)これまでに見せたことのない哀愁たっぷりなキャラクターを予感させるジョージ・クルーニー

 米俳優ジョージ・クルーニーが監督・製作・主演を務めるNetflix 映画『ミッドナイト・スカイ』が12月より配信されることが発表された。本作でジョージは、滅亡の危機に瀕している地球に残り続けている孤独な科学者を演じる。

【写真】宇宙服に身を包んだフェリシティ・ジョーンズ

 「オーシャンズ」シリーズや『ゼロ・グラビティ』など数々の超大作に出演、『マイレージ、マイライフ』や『ファミリー・ツリー』ではアカデミー賞主演男優賞にノミネート、『シリアナ』ではアカデミー賞助演男優賞を受賞するなど高い演技力も兼ね備える、ハリウッドを代表する名優ジョージ・クルーニー。彼は過去にも多くの作品で監督も務めており、『グッドナイト&グッドラック』ではアカデミー賞監督賞にもノミネートされるなど製作者としても高い評価を得ている。

 本作は、作家リリー・ブルックス=ダルトンによる小説「世界の終わりの天文台」が原作。ある理由により人類滅亡の危機に瀕している地球と、宇宙探査ミッシ
ョンを経て地球に帰還しようとする宇宙船を舞台に描く物語。 脚本は、レオナルド・ディカプリオ主演の『レヴェナント:蘇えりし者』などを手掛けたマーク・L・スミス。

 地球の滅亡を目前にしてもなお、北極に残り続ける孤独な科学者オーガスティン(ジョージ・クルーニー)は、任務を終えて帰還しようとする宇宙船の乗組員サリー(フェリシティ・ジョーンズ)らを何とかして止めようと奔走。危機が迫る中、サリーら宇宙船の面々を救うことはできるのか? そして、オーガスティンが地球に残り続けるのは、“ある理由”があってのことだった…。

 共演のフェリシティ・ジョーンズは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の主演や『インフェルノ』への出演などで知られ、『博士と彼女のセオリー』ではアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。

 さらに、『明日を継ぐために』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた演技派デミアン・ビチル、『キング・コング』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』など出演のベテラン俳優カイル・チャンドラー、『リンカーン』『アウトロー』などのデヴィッド・オイェロウォらが脇を固める。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。