皇居・東御苑に設置された江戸城天守の復元模型=28日

 宮内庁は28日、皇居・東御苑に新たに設置した江戸城天守の復元模型を報道陣に公開した。江戸城は寛永期の天守が1657年の明暦の大火で失われた後、石垣の天守台は造られたが、建物は築かれなかった。東御苑には天守台が残っており、皇居の歴史を知ってもらうため模型を制作した。29日から一般公開する。

 天守は江戸時代に3度建てられた。復元したのは、3代将軍徳川家光が1638年に建てた寛永期の天守。石垣を含めて約60メートルと日本一高い天守とされている。模型は約2メートルで、30分の1の大きさ。模型と展示用の建物を、それぞれ約5千万円で整備した。