男子シングルス1回戦でポイントを奪い、ガッツポーズする西岡良仁=パリ(AP=共同)

 【パリ共同】テニスの全仏オープン第2日は28日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス1回戦で世界ランキング52位の西岡良仁(ミキハウス)は世界22位で第19シードのフェリックス・オジェアリアシム(カナダ)に7―5、6―3、6―3で快勝し、2年連続で2回戦に進んだ。

 全米オープンで四大大会初制覇を遂げた第3シードのドミニク・ティエム(オーストリア)はマリン・チリッチ(クロアチア)を6―4、6―3、6―3で下した。