徳島県など瀬戸内海に面する7県とせとうち観光推進機構は、各県の近現代建築を観光資源として発信するため「瀬戸内近現代建築魅力発信協議会」を11月2日に設立する。

 協議会は岡山県庁に事務局を置き、徳島のほか、兵庫、岡山、広島、山口、香川、愛媛の各県にある安藤忠雄氏や故丹下健三氏ら巨匠の作品情報を整理。瀬戸内地域の魅力を高めるコンテンツとして機構のホームページなどで国内外に発信し、観光客誘致を目指す。

 徳島県からは鳴門市健康福祉交流センターと市文化会館=写真(上)=(故増田友也氏)、あわぎんホール=同(下)=(故西山夘三(うぞう)氏)、県立図書館(故岡田新一氏)などを紹介する。

 他県では香川県庁舎東館(丹下氏)、松山市の坂の上の雲ミュージアム(安藤氏)、広島市現代美術館(故黒川紀章氏)などが取り上げられる。

 協議会の設立総会は2日に岡山市で開かれる。