WEBサービス「鬼滅の刃メーカー」 (C)吾峠呼世晴/集英社

 漫画アプリ『少年ジャンプ+』(集英社)の編集部は29日、人気漫画『鬼滅の刃』風のオリジナルキャラクターを作成できるWEBサービス「鬼滅の刃メーカー」をスタートさせた。ブラウザ上で好きなパーツや背景を組み合わせてキャラクターを作ることができ、パーツの組み合わせ次第で『鬼滅の刃』風のキャラクターのほか、自身や友人にそっくりなキャラクターを作れる。

【プレイ画像】禰豆子らの髪型も選べる!作った鬼滅の刃風のキャラ

 これは、10月2日発売の『鬼滅の刃』コミックス第22巻をもって、シリーズ累計発行部数が1億部を突破することを記念して企画されたもの。遊び方は、1:目、口、鼻、顔の輪郭、髪型、など鬼滅の刃キャラを元にしたパーツを含むさまざまなパーツと組み合わせ、配置を決める、2:名前や所属を決めてキャラが完成、3:出来上がったオリジナルキャラクターをSNSでシェアする流れとなっている。

 2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた『鬼滅の刃』(作者:吾峠呼世晴)は、大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台。炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅に出るストーリー。

 昨年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、10月16日に続編となる劇場版の公開が控えている。社会現象化するほどの人気作で、今年5月に人気絶頂の中で最終回を迎えた。コミックス最終23巻は、12月4日に発売される。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。